トラック ラインナップ
バス ラインナップ

三菱ふそうトラックバスのラインナップページへ
お問合せはこちらから

21年ぶりのフルモデルチェンジ、12速AMTを全車に搭載した 大型トラック新型「スーパーグレート」を発表
情報No lineup-27

・21年ぶりのフルモデルチェンジ
・開発コンセプトは「安全性」「経済性」「快適性」と「コネクティビティ」
・新たにシグネチャーランプ付きLEDヘッドライトを採用した力強いフロントマスク
・新型12速AMT「ShiftPilot」を全車に採用
・新型の直列6気筒10.7Lと7.7Lのダウンサイジングエンジンを搭載
・燃費性能を最大15%向上させる「LIMITED WING ECO PLUS」
・運行管理システム「Truckonnect(トラックコネクト)」を標準装備

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、21年ぶりにフルモデルチェンジを行った、大型トラック新型「スーパーグレート」を発表しました。

新型「スーパーグレート」は、「経済性」「安全性」「快適性」、さらには通信技術を用いた「コネクティビティ」を大きな柱として開発しました。パワーユニットには10.7Lと7.7Lのいずれも新規開発したエンジンを搭載し、全車にAMT(Automated Manual Transmission)であるShiftPilotを組み合わせました。新型エンジンは優れた燃費性能と高い出力特性を持ち合わせているだけでなく軽量化も達成し、大型トラックに求められる走行性能と経済性能を両立しています。また、全車にクラッチペダルのない2ペダル化と自動変速を実現したShiftPilotを標準搭載したことで、運転操作におけるドライバーの負担を軽減します。新型「スーパーグレート」が搭載するShiftPilotは前進12段/後退2段のギヤ段を持ち、10.7Lと7.7Lそれぞれの新型エンジンに対して用途に応じた走行性能を発揮できるよう、ギヤ比やファイナルギヤの最適化を図りました。新型「スーパーグレート」は、こうした新しいパワートレインによって大型トラックに求められるドライバビリティと、環境負荷低減に直結する高い燃費性能を持ち持ち合わせています。

詳しくは 新型スーパーグレート特設サイトで
http:// supergreat.jp/

担当窓口
0138(42)1122 営業部 まで

ラインナップ ページへ戻る

ニュース一覧
21年ぶりのフルモデルチェンジ、12速AMTを全車に搭載した 大型トラック新型「スーパーグレート」を発表
「エアロクィーン」&「エアロエース」 衝突被害軽減ブレーキを強化して発売
新型小型トラック「キャンター」2016年モデル発表
耳よりなお話